一相性で安心 | 低用量ピルであるヤスミンを正しく飲んで、避妊効果を期待しよう!

一相性で安心

「一相性で安心」のピクチャです。

低用量ピルは、1シートに含まれている錠剤のホルモン量によって一相性、二相性、三相性と種類が分けられています。
主に出回っているのは一相性と三相性の低用量ピルになります。
一相性は1シート21錠に含まれている錠剤のホルモン量は一定で、三相性は服用する時期によってホルモン量を3パターンに変えるため、服用する順番が重要になってきます。
ちなみに二相性は、2パターンに別れており、前半と後半でホルモン量が異なるというものです。
そして、今回ご紹介しているヤスミンは一相性の低用量ピルになります。
一相性の場合、1シートのどこから服用を開始しても問題ないので、外出先でピルを服用するために持ち運びするのにも一相性であれば便利です。
順番を気にする必要が無いので、気分的には楽に服用することができるでしょう。
大体の人は一相性の低用量ピルで十分ですが、もともとのホルモンバランスによっては二相性や三相性でなければならない人もいます。
なので、一相性を買ってあまり効果が見られなかった場合には、産婦人科に行って診断してもらうのが一番でしょう。
もしかしたら他のことが原因になっている可能性もあるので、不安に思う場合にはすぐ医師に相談しましょう。