ピルの働き | 低用量ピルであるヤスミンを正しく飲んで、避妊効果を期待しよう!

ピルの働き

「ピルの働き」のピクチャです。

ヤスミンのようなピルと呼ばれるホルモン剤、名前は知っているけど実際に服用したことはない、という人も多いのではないでしょうか。
確かに、むやみやたらに服用するものでもないので服用したことがない人が多いのも当たり前だとは思いますが、その働きを知っていれば思わず欲しくなってしまうはずです。
ヤスミンで避妊効果を期待するとき、身体の中ではどのような変化があるのか。
一言で言えば「人工的に生理を起こす」ということになります。
ピルを服用することで起こる生理は消退出血というのですが、これを無理矢理起こすことで、妊娠しないようにするのがヤスミンの働きでもあるのです。
ヤスミンは、女性ホルモンを形成している卵胞ホルモンと黄体ホルモンに非常によく似た成分を配合して作られています。
これらが体内に取り込まれることにより、脳下垂体に働きかけ、性腺刺激ホルモンの分泌が抑制されます。
そのことにより、排卵を抑えることができます。
つまり、ヤスミンを飲んでいる時は生理がストップする、ということです。
人工的に生理を起こさせるのでは?最初と言っていることが違う!と思うかもしれませんが、大事なのはこれからです。
ヤスミンには休薬期間というものがあり、その期間に排卵が行われる、という仕組みなのです。
定期的に服用し、生理日をコントロールすることで、妊娠しないようにするのがヤスミンなどのピルの働きなのです。

また、子宮頸管の粘膜の粘り気を強めることで、精子が子宮へ侵入しにくくするという働きもあります。
子宮内膜の増殖を抑制し、受精卵が着床しにくい状態を作ることで、妊娠しにくくすることが出来るので、しばらくの間は妊娠しにくくなるのです。